ぬいぐるみのように見える

ふかふかの体毛に小さなカラダ、生まれたての子ウサギは両手に包まれるかのようにのせられて、
それも二匹でしたから、大人の手の大きさからして体長10センチくらい。

サイトの下にあった画像は子ウサギというより、ぬいぐるみではないかと思ってしまうような白さと
フンワリのカラダ、しばし戯れてると夢ごこちだろうなと。


可愛らしくて和むけれどウサギはデリケートな動物なんですよね、
ジメジメというのが苦手でキレイ好きですからお掃除怠ってはいけないんですね。
こうして画像見ているのは癒しになるけれど、動物も人間と同じ命を持った生き物なので
可愛いというだけで飼うことはできないと感じます。

生まれたてならばそれを育てて慈しみ、きちんと最期までみてあげてと思う。

Comments are closed.